Musing about the possible metaphors in Episode 7 of squid game.

[et_pb_section fb_built=”1″ admin_label=”section” _builder_version=”4.16″ global_colors_info=”{}”][et_pb_row admin_label=”row” _builder_version=”4.16″ background_size=”initial” background_position=”top_left” background_repeat=”repeat” global_colors_info=”{}”][et_pb_column type=”4_4″ _builder_version=”4.16″ custom_padding=”|||” global_colors_info=”{}” custom_padding__hover=”|||”][et_pb_text _builder_version=”4.18.0″ _module_preset=”default” global_colors_info=”{}”]   Today will be talking about episode seven of the first season of the Netflix show squid game. That episode starts with them cleaning up from the last game. The ‘front man’ asks on the radio […]

Prinsip-prinsip Kebodohan Manusia

Khotbah ini sangat didasarkan pada buku “5 hukum kebodohan manusia” The Mad Millers hanya mencetak buku ini dalam jumlah terbatas, yang ditujukan bukan untuk orang-orang bodoh, tetapi untuk mereka yang kadang-kadang harus berurusan dengan orang-orang seperti itu. Prinsip #1: Selalu dan tak terhindarkan, semua orang meremehkan jumlah orang bodoh yang beredar. Prinsip #2: Probabilitas bahwa […]

Принципы человеческой глупости

Эта проповедь в значительной степени основана на книге “5 законов человеческой глупости”. “Мэд Миллеры” напечатали лишь ограниченное количество экземпляров этой книги, которая адресована не глупым людям, а тем, кому иногда приходится иметь дело с такими людьми. Принцип №1: Всегда и неизбежно все недооценивают количество глупых личностей в обращении. Принцип №2: Вероятность того, что определенный человек […]

İnsan Aptallığının İlkeleri

Bu vaaz büyük ölçüde “İnsan Aptallığının 5 Yasası” kitabına dayanmaktadır. Çılgın Değirmenciler, aptal insanlara değil, zaman zaman bu tür insanlarla uğraşmak zorunda kalanlara hitap eden bu kitaptan sadece sınırlı sayıda basmıştır. İlke #1: Her zaman ve kaçınılmaz olarak, herkes dolaşımdaki aptal bireylerin sayısını hafife alır. 2. İlke: Belirli bir kişinin aptal olma olasılığı, o kişinin […]

Prinzipien der menschlichen Dummheit

Diese Predigt stützt sich stark auf das Buch “Die 5 Gesetze der menschlichen Dummheit” Die Mad Millers haben nur eine begrenzte Anzahl von Exemplaren des Buches gedruckt, das sich nicht an dumme Menschen richtet, sondern an diejenigen, die gelegentlich mit solchen Menschen zu tun haben. Grundsatz Nr. 1: Jeder unterschätzt immer und zwangsläufig die Zahl […]

Principes de la stupidité humaine

Ce sermon est fortement inspiré du livre “Les 5 lois de la stupidité humaine”. Les Mad Millers n’ont imprimé qu’un nombre limité d’exemplaires de ce livre, qui ne s’adresse pas aux personnes stupides mais à ceux qui ont parfois affaire à de telles personnes. Principe n°1 : Toujours et inévitablement, tout le monde sous-estime le […]

人間の愚かさの原則

この説教は、「人間の愚かさ5つの法則」という本に大きく基づいています。この本は、マッド・ミラーズが限られた部数だけ印刷したもので、愚かな人たちに向けてではなく、そうした人たちを相手にしなければならないことがある人たちに向けて書かれています。 原則1:常に、そして必然的に、誰もが流通する愚かな個人の数を過小評価する。 原則2:ある人が愚かである確率は、その人の他のどのような特性とも無関係である。 原則3:愚かな人間とは、他人や集団に損失を与えながら、自分は何の利益も得られず、場合によっては損失を被るような人間のことである。 原則4:愚かでない人々は、常に愚かな個人の損害を与える力を過小評価する。 特に、バカでない人は、いつでも、どこでも、どんな状況でも、バカな人と付き合うと必ず損をすることを忘れている。 原則5:愚かな人間は最も危険なタイプである。 バカは盗賊より危険だ。 人間関係は、確かに悲惨な状態です。 しかし、これは決して目新しいことではありません。 遡れば、人類の営みは常に悲惨な状態であった。 人間が個人として、また組織社会の一員として負わなければならない悩みや不幸の重荷は、基本的に、生命の誕生という最もありえない、あえて言えば愚かな方法による副産物である。 ダーウィン以後、私たちは動物界の下等生物と起源を同じくし、象と同様にミミズも日々の試練、苦境、試練を背負っていることが分かっている。 しかし、人間は、人類という集団の中で、日々、余分な負荷、余分な苦難を背負わされているという点で、特権的な存在なのだ。 この集団は、マフィアや軍産複合体や国際共産主義よりもはるかに強力であり、未組織である。長も社長も規約もない未知の集団でありながら、まるで見えざる手に導かれるように、各メンバーの活動が他のメンバーの活動の効果を強化・増幅するように、完璧に一致団結して活動することができるのです。 このグループのメンバー���性質、性格、行動については、次の説教の対象である。 この際だから言っておくが、この小さな本は、シニシズムの産物でもなければ、敗北主義の実践でもない-微生物学の本と同じように。 このページは、人間の福祉と幸福の成長を妨げる最も強力な闇の力を���見し、知り、そしてそれを無効にしようとする建設的な努力の結果なのです。 人間の愚かさの原理その1 いつも、そして必然的に誰もが、愚かな個人の流通数を過小評価している。 最初は、この発言は些細で、曖昧で、恐ろしく不親切に聞こえます。 しかし、よく観察してみると、その真偽のほどがよくわかる。 人間の愚かさをどれだけ高く見積もっても、人は何度も何度も驚かされる。 a) 一度は理性的で知的だと判断した人々が、恥ずかしげもなく愚かであることが判明する。 b) 毎日毎日、絶え間なく単調で、最も不便な場所と最もありえない瞬間に突然現れる愚かな人物によって、自分の活動に嫌がらせをされること。 第一基本法則によって、全人口の中のバカの割合を具体的な数値で示すことはできない。数値で示すと過小評価になってしまうからだ。 そこで、以下のページでは、ある母集団の中に占める愚かな人の割合をσという記号で表すことにする。を記号σ��表す。 しかし、『聖書』の編纂者たちは、「stultorum infinitus est numerus」という第一基本法則を意識し、それを言い換えたのだが、詩的な誇張にとどまってしまった。 生きている人間の数は有限なので、愚かな人間の数が無限になることはあり得ません。 人間の愚かさの第二原則 ある人が愚かである確率は、その人の他のどのような特性にも依存しない。 欧米で流行している文化は、平等主義的な生き方を好む傾向があります。 人は、人間を完璧に設計された大量生産機械の産物だと考えたがる。 遺伝学者や社会学者は特に、科学的データと定式化された印象的な装置を使って、すべての人間は生まれつき平等であり、ある者が他の者より平等であるとすれば、それは自然のせいではなく、育ちのせいであると証明するために、わざわざ出かけていく。 私は、この一般的な見解には反対です。 長年の観察と実験に裏付けられた私の確固たる信念は、人間は平等ではなく、ある者は愚かで、ある者はそうでなく、その違いは文化的な力や要因で���なく、自然によって決定されるということです。 赤毛と同じようにバカであり、血液型に属するようにバカの集合に属するのである。 愚かな人間は、摂理の働きによって愚かな人間に生まれてくる。 私は、人間の何分の一かは愚かであり、それは遺伝的特性によるものだと確信しているが、階級差別や人種差別を密かに復活させようとする反動的な���間ではないのだ。 私は、愚かさはすべての人間集団の無差別的な特権であり、一定の割合に従って一様に分布していると固く信じている。 この事実を科学的に表現しているのが、第二基本法則である。 ある人がバカである確率は、その人の他の特性とは無関係である。 この点では、自然はまさに大げさである。 自然は不思議なことに、ある種の自然現象の発生頻度を一定に保っていることがよく知られている。 例えば、男性が北極で増殖しようが赤道で増殖しようが、マッチングするカップルが先進国か発展途上国か、黒人か白人か、新しく生まれた子供の男女比は一定で、ごくわずかに男性が優勢であるという。 自然がどのようにしてこの驚くべき結果を達成したかは分からないが、それを達成する��めには、自然は大きな数で活動しなければならないことは分かっている。 バカの頻度について最も注目すべきことは、自然が集団の大きさとは全く無関係にこの頻度を確率σに等しくすることに成功していることである。 このように、非常に大きな集団を考える場合でも、非常に小さな集団を扱う場合でも、同じ割合の愚かな人々がいることがわかる。 これほどまでに、自然の力を証明する現象は他にない。 学歴と確率σが無関係であることを証明したのは、世界中の多くの大学で行われた実験であった。 […]

人类愚蠢的原则

这篇讲道在很大程度上是基于《人类愚蠢的五项法则》一书,《疯狂的米勒》只印了有限的几本,这本书不是针对愚蠢的人,而是针对那些偶尔要与这些人打交道的人。 原则一:总是不可避免地,每个人都低估了流通中的愚蠢个体的数量。 原则2:某个人是愚蠢的概率与这个人的任何其他特征无关。 原则三:愚蠢的人是指给另一个人或一群人造成损失,而自己却没有得到任何好处,甚至可能造成损失的人。 原则四:非愚蠢的人总是低估了愚蠢的人的破坏力。 特别是,非愚蠢的人经常忘记,在任何时候、任何地方、任何情况下,与愚蠢的人打交道和/或交往,都会被证明是一个代价高昂的错误。 原则五:愚蠢的人是最危险的一类人。 一个愚蠢的人���一个强盗更危险。 诚然,人类事务正处���一种可悲的状态。 然而,这并不是什么新鲜事。 就我们所见,人类事务一直处于一种可悲的状态。 人类作为个人和有组织的社会成员所必须承担的麻烦和痛苦的沉重负担,基本上是最不可能的–我敢说,是愚蠢的–生活在一开始就被设定的副产品。 在达尔文之后,我们知道我们与动物界的低级成员有着共同的起源,蠕虫和大象每天都要承受它们的考验、困境和磨难。 然而,人类是有特权的,因为他们必须承担额外的负担–由人类本身的一群人每天产生的额外磨难。 这个团体比黑手党、军工集团或国际共产主义要强大得多,它是一个无组织的。一个没有首领、没有主席、没有��程的团体,却能完美地统一运作,就像有一只看不见的手在引导一样,每个成员的活动都能有力地促进加强和扩大所有其他成员的活动效果。 这个团体的成员的性质、性格和行为是下面讲道的主题。 让我在这个时候指出,最强调的是这本小书既不是愤世嫉俗的产物,也不是失败主义的练习–就像一本关于微生物学的书一样。 以下几页实际上是一个建设性的努力的结果,目的是发现、了解,从而可能化解阻碍人类福利和幸福增长的最强大的黑暗力量之一。 人类愚蠢的原则#1 总是不可避免地,每个人都低估了流通中的愚蠢个体的数量。 起初,这句话听起来微不足道,含糊不清,而且可怕的不厚道。 然而,更仔细的审查将揭示其现实的真实性。 无论人们对人类的愚蠢程度有多高的估计,人们都会反复地、经常地对以下事实感到震惊 a) 人们曾经判断为理性和聪明的人,最后却变成了毫无顾忌的愚蠢。 b) 日复一日,单调乏味,一个人在活动中被那些突然出现在最不方便的地方和最不可能的时刻的愚蠢的人骚扰着。 第一条基本法使我无法为总人口中愚蠢的人的比例赋予一个具体的数值:任何数字的估计都会变成一个低估。 因此,在下面几页中,我将用符号σ来表示人口中愚蠢的人的比例。符号σ。 圣经》的编纂者知道第一条基本法,他们在断言 “stultorum infinitus est numerus “时对其进行了诠释,但他们沉溺于诗歌般的夸张。 愚蠢的人的数量不可能是无限的,因为活着的人的数量是有限的。 人类愚蠢的第二个原则 某个人是愚蠢的概率与这个人的任何其他特征无关。 现在在西方流行的文化趋势有利于平等主义的生活方式。 人们喜欢把人想成是一台完美设计的大规模生产机器的产出。 遗传学家和社会学家尤其不遗余力地用令人印象深刻的科学数据和公式来证明,所有的人都是天生平等的,如果有些人比其他人更平等,这可归因于培养,而不是自然。 我不同意这种普遍的看法。 我坚信,在多年的观察和实验的支持下,人与人之间是不平等��,有些人愚蠢,有些人不愚蠢,这种差异是由自然决定的,而不是由文化力量或因素决定的。 一个人是愚蠢的,就像一个人是红发的一样;一个人属于愚蠢的一组,就像一个人属于一个血型一样。 一个愚蠢的人天生就是一个愚蠢的人,这是天意的安排。 尽管我相信人类中有一小部分人是愚蠢的,而且他们是由于遗传特征而如此,但我不是一个试图重新引入偷偷摸摸的阶级或种族歧视的反动分子。 我坚信,愚蠢是所有人类群体不加区别的特权,并按照恒定的比例均匀分布。 这一事实在科学上被第二条基本法所表达,它指出 某个人是愚蠢的概率与这个人的任何其他特征无关。 在这方面,大自然似乎确实已经超越了自己。 众所周知,大自然相当神秘地设法保持某些自然现象的相对频率不变。 例如,无论男性是在北极还是在赤道增殖,无论配对的夫妇是发���的还是发展中的,无论他们是黑人还是白人,新出生的婴儿中女性和男性的比例是一个常数,男性非常��微地占优势。 我们不知道大自然是如何实现这一显著结果的,但我们知道,为了实现这一结果,大自然必须用大量的数字进行操作。 关于愚蠢的频率,最显著的事实是,大自然成功地使这一频率等于概率σ,这与群体的大小完全无关。 因此,不管是考虑非常大的群体还是处理非常小的群体,人们都会发现同样比例的蠢人。 […]

Principles of Human Stupidity

This sermon is heavily based on the book “The 5 laws of human stupidity” The Mad Millers printed only a limited number of copies of the book, which addresses itself not to stupid people but to those who on occasion have to deal with such people. Principle #1: Always and inevitably, everyone underestimates the number […]